小児歯科pediatric

小児歯科について

TELL SHOW DO法とは ?

治療する前に使う器具の説明をし、実際に見て触って、怖いものではないことを確かめてもらってから
治療を始めていきます。まずは、慣れてもらうことを心がけています。

Tell(話す)…どんなことをしていくか話します。
Show(見せる)…使う器具を見せ、慣れてもらいます。
Do(治療する)…場合によっては鏡を持ちながら治療をみてもらいます。

お子さまが「またココの歯医者に行きたい!」と
感じてもらえる様に

初めてのお子さまが来院した場合は、「どの程度歯科治療を受け入れることができるか」「治療は緊急性を要する必要があるのか」などを判断していきます。治療を急ぐ必要がないと判断した場合は、歯ブラシや治療の練習を行い、徐々に慣れていってもらいます。
無理やり治療を行うことはありませんので、お気軽にご相談ください。

SRP

お子さまのむし歯予防

  • 乳歯が生えそろったら…「フッ素塗布」

    フッ素は歯質を強化する働きがあり、むし歯への抵抗力を高めます。溶けやすい乳歯は、むし歯になると進行が早いため、注意が必要です。

    乳歯が生えそろったら…「フッ素塗布」
  • 奥歯に6歳臼歯が生えたら…「シーラント」

    奥歯は、噛み合わせの面が複雑な形状で溝が深いため、汚れやすく、磨き残しによってむし歯になりやすい場所です。この溝を埋めることで、汚れがたまるのを防ぎ、むし歯を予防するのがシーラントです。

    奥歯に6歳臼歯が生えたら…「シーラント」
  • 歯が生えたら…「ブラッシング指導」

    毎日のブラッシングは、自分でできる予防の基本です。小さな頃から正しいブラッシング方法を習慣づけることで、健康な歯を保つことができます。

    歯が生えたら…「ブラッシング指導」

小児矯正について

お子さまの歯並びについて

「子どもの歯並びが気になるけれど、矯正は必要?」「いつ矯正治療を始めるべきかわからない」と
悩んでおられる親御さまは多くいらっしゃいます。
矯正治療を始める適切な時期は、永久歯に生え変わる6歳から10歳頃で
完全に永久歯が生えそろってしまうと、抜歯の可能性が高くなってしまいます。
矯正治療の必要があるかどうか、矯正する場合はどのような方法でいつ始めればよいか、
豊富な知識を持つ院長が、お子さまの歯とお口の状態を見てアドバイスいたします。
お子さまの歯並びが気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談

矯正治療の種類や方法をはじめ、
詳しいご説明をします。
    • 歯並びが悪い
    • 扁桃腺が腫れやすい
    • いつも、ポーっとして口が開いている など
    • 寝ているとき
    • いびきをかく
    • 口が開いている
    • 指しゃぶりの癖がある

小児矯正のメリット

  • 1あごの成長発育を利用した矯正治療が可能

    子供のあごの成長発育を促すことであごの骨レベルでの改善を行うことが可能です。
    大人はあごの成長が止まっているため、歯の抜歯などを行い、上下の顎の関係を改善していきます。

    抜歯の可能性が低い
  • 2永久歯が生えるスペースをコントロール

    永久歯はまず、前歯と奥歯が生え、その後その間の歯が生えます。間のスペースが足りなくなると、その間の歯は生える隙間を失い、不正な歯並びの原因となってしまいます。
    程度にもよりますが、当院では子供の時からスペースをコントロールすることで、抜歯矯正になるリスクを軽減します。

    顔周辺のバランスを整えることが可能
  • 3お口の機能の改善

    指しゃぶりや舌癖は、歯並びだけでなく発音や食べ方・飲み方に影響を及ぼします。早期にクセを改善しトレーニングすることで、正しい筋肉の動かし方を習得します。

    お口の機能の改善
  • 4治療期間の軽減

    顎の成長を利用して、永久歯が正しい位置に生えてくる様に導くことで、永久歯が生え揃ってから始める本格矯正が容易になり、期間の短縮が期待できます。状態によっては本格矯正の必要がなくなる場合もあります。

    治療期間の軽減

治療方法

  • 床矯正

    顎を広げて歯をきれいに並べることを目的とした、主に成長期のお子さまに使用する装置です。中央に埋め込まれたネジにより徐々に拡大していきます。永久歯が生えそろうまでに顎を広げておけば、将来、矯正治療に進む際、抜歯の可能性が低くなります。

    床矯正
  • ムーシールド

    ムーシールドは、主に下の歯が上の歯より前に出ている受け口(反対咬合)を治療する装置です。取り外しが可能で、就寝時に使用します。原因が舌やお口周りの筋肉の機能異常の場合、ムーシールドを使用することで、改善することもあります。

    ムーシールド
  • マウスピース矯正

    マウスピース型の矯正装置は、いくつか種類があり、装着時の痛みや違和感が少なく、お子さまの負担が少ないのが特徴です。また、食事の際は取り外せるため、汚れがたまってむし歯になる心配もありません。

    マウスピース矯正

費用

     
矯正診査診断費20,000円
治療費Ⅰ期治療260,000円
Ⅱ期治療600,000円~750,000円
調整費Ⅰ期治療4,000円
Ⅱ期治療4,000円
Ⅱ期治療(土)5,000円
保定管理費3,000円
価格は全て税別表記です。
Ⅰ期治療からⅡ期治療へ移行した場合、Ⅰ期治療での費用を引いた差額分の治療費となります。

お支払い方法

当院では、様々な方法で
お支払いが可能です。

保険が適用されない自費診療の場合、費用は高くなってしまいます。
「費用が高いからこの治療は諦めよう…」と断念してしまう患者さまのためにも
当院では様々なお支払い方法をご用意しております。

  • 現金
    クレジット
    カード
  • クレジットカード
    分割払い
  • デンタルローン
    デンタル
    ローン

詳しくはお気軽に
スタッフにお尋ねください。

デンタルローンについて

デンタルローンでのお支払いが
可能です

デンタルローンとは、患者さまの治療費を信販会社が代わりに
お支払いし、分割回数を決めて、月々返済していただく仕組みです。
自分に合ったプランで返済が可能なため、
無理なく治療を受けていただけます。

Ⅰ期治療
302,400(税込)
  • 36回払い
    月々8,995
  • 60回払い
    月々5,637

※JACCSのデンタルローンを導入しています。
※支払回数6回~84回(支払期間6ヶ月~最大7年)、実質年率4.5%です。

page top